ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

ココナッツ農家のアグロフォレストリーへの転換を通じた農村環境の回復及び生活改善:ハイヤン台風被害を被ったフィリピン・レイテ島北部における復興支援

 

本事業は、2013年11月にフィリピン・レイテ島において台風ハイヤンによって甚大な被害を被ったココナッツ農家のアグロフォレストリーへの転換を支援することを通じて、地元農村の環境および経済が復興することを狙いとする。それは、ワンド財団、ヴィサヤ州立大学による協同事業である。

事業対象地域は、レイテ島北東部オルモック市の高原に位置する。提案するアグロフォレストリーシステムは、有機栽培によるキャッサバ、さつまいも、タロイモ、野菜などの自給・販売用の作物、バナナ、マンゴー、ジャックフルーツ、ポメロ、カカオなどの高付加価値果実樹木ならびにマホガニーなどの高付加価値木材などを含む。また、台風に強くて育ちが早く、建築、食用(筍)、家具などの多様な用途に使える竹も栽培する。さらに、上記の根菜類を飼料としたヤギの飼育をシステムに組み込むことによって、動物の糞尿が土壌の有機肥料化を促す物質循環を確立させる。飼育されたヤギは、その販売を通じて、飼育農家に利益をもたらすことを可能にする。ココナッツ農家のアグロフォレストリーへの転換は、対象地域において転換を希望するデモファームの同定、およびそれを主体とする農民間普及を通じて行う。

本活動を成功裡に実施することを通じて、現在食糧援助に依存しているココナッツ農家が経済的に自立した生活を取り戻すことが期待できる。また、植林を通じて対象地域の生物多様性や土壌の保水能力を高め、農村環境の回復に貢献するとともに、将来同様の災害が生じた場合、被害を抑制できる。

事業を長期的に持続可能なものにするため、農民が自分たち自身で事業活動を運営する一次協同組合を組織化する。将来的には、地元の行政機関、国際NGO、農民、およびその他の関連機関との連携の強化を通じて、レイテ島北部における本事業の持続的かつより広範な実施が期待できる。

 





















                              トップページへ戻る

フッターイメージ