ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

レイテ島アグロフォレストリー事業

ココナッツ農家のアグロフォレストリーへの転換を通じた農村環境の回復及び生活改善
ハイヤン台風被害を被ったフィリピン・レイテ島北部における復興支援


【活動概要】

 本事業は、201311月にフィリピン・レイテ島において台風ハイヤンによって甚大な被害を被ったココナッツ農家のアグロフォレストリーへの転換を支援することを通じて、地元農村の環境および経済が復興することを狙いとした。現地カウンターパート団体であるワンド財団(Water, Agroforestry, Nutrition and Development [WAND] Foundation)、ヴィサヤ州立大学および九州大学による協同事業である。事業対象地域は、レイテ島北東部アルブエラ市の高原に位置する。本事業において推進したアグロフォレストリーシステムは、有機栽培によるキャッサバ、さつまいも、タロイモ、野菜などの自給・販売用の作物、バナナ、マンゴー、ジャックフルーツ、ポメロ、カカオなどの高付加価値果実樹木ならびにマホガニーなどの高付加価値木材などから成る。これらの作物は、現地で栽培可能である。また、台風に強くて育ちが早く、建築、食用(筍)、家具などの多様な用途に使える竹も栽培した。他方、上記の根菜類を飼料としたヤギと豚の飼育をシステムに組み込むことによって、動物の糞尿が土壌の有機肥料化を促す物質循環の形成を図った。飼育されたヤギと豚は、その販売を通じて、飼育農家に利益をもたらすことを可能にした。ココナッツ農家のアグロフォレストリーへの転換は、対象地域において転換を希望するデモファームの同定、およびそれを主体とする農民間普及を通じて行った。

 本活動の実施を通じて、農民が自分たち自身で事業活動を運営する一次協同組合を組織化し、発展させてきた。これにより、経済的な困難に直面してきたココナッツ農家が自立した生活を取り戻すことが可能となった。また、これまで行ってきた植林活動により、今後、対象地域の生物多様性や土壌の保水能力が高まり、農村の自然環境の回復や保全が進捗するとともに、将来同様の災害が生じた場合、被害を抑制することが期待できる。将来的には、地元の行政機関、国際NGO、農民、およびその他の関連機関との連携の強化を通じて、レイテ島北部における本事業の持続的かつより広範な実施が期待できる。


【活動内容及び成果】

<平成28年度>
 アルブエラ市在住の215世帯のココナッツ農家の社会経済的調査および作物・農地適合性調査を実施した。最終的に事業対象となった260農家世帯のうち、143世帯の事業参加農家(55%)に対して、有機農業、木材樹木や果樹の植林、野菜栽培などに関する2回の研修を実施した。研修の後、143世帯の農家に野菜の種子、バナナをはじめとする果樹・木材樹木の苗木を提供し、農地管理に関する技術的助言を行った。
 合計8,500本の苗木(高付加価値木材樹木1,300本、3,500本の果樹および竹、3,700個の根菜類及び野菜の種子を含む)を植栽した。アグロフォレストリー転換の初年度目標を達成し、一次農協の設立を通じた2年目以降の製品販売活動に備えるために、有機農業のノウハウや農協の設立・強化に関して積極的に地元の専門家の協力を求めた。有機農法やアグロフォレストリーを実施しているアルブエラ市の地元の農家は、極めて少数で事業対象地域から離れていたため、彼らからの技術的支援を得ることは断念した。その代り、ヴィサヤ州立大学の生態農場資源管理研究所(ECO-FARMI)から、材木用および果実樹木、竹、野菜/根菜類の種子、苗木や種子片、有機性廃棄物、バイオ農薬に関する事業参加農家への十分な技術的支援が得られた。

<平成29年度>
 新たに計112農家を有機栽培に基づくアグロフォレストリーに転換させることができた。また、新たに計14,300本の苗木・種子を植えることができた。また、新たに67農家が、隣接農家への転換を促すデモファームとなり、2年分で総計112のデモファームのうち、52世帯(46%)が積極的に転換促進を行った。さらに地元では、政府系組織「気候変動と飢餓に対する女性の行動」によって事業が引き継がれた。その組織が今後の生産と販売を主導していく。


【今後の展望】

 今後取り組むべき主な課題は、農家が生産する農産物に付加価値を与えることである。農産物はそのままでは非常に腐敗しやすいため、事業を引き継いだ地元組織のリーダーシップにより、より長い貯蔵寿命とより高い市場価値を持つ加工製品(例えば、乾燥または凍結乾燥された製品、焙煎乾燥された製品など)の生産を追及していく必要がある。これは、事業を引き継いだ地元組織が、州内の様々な政府・非政府組織と連携して行っていく予定である。




堆肥の作り方に関する研修会の様子 


台風被災農家への聞き取り風景


生産者組織の会議の様子



事業参加農家の種子の受け取りの様子




                       トップページへ戻る


フッターイメージ