ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

マニラスタディーツアー DOHセミナー




























































































2011年9月2日フィリピンマニラの保健省(DOH:Department of Health)にてスタディーツアーのセミナー・ワークショップの引率を行いました。

今回の学生さんは、中央大学の3年生で、林教授のゼミに所属しています。

研究では4つのグループに分かれており、それぞれ、水、食栄養、感染症、母子保健の班がありました。

DOHではそれぞれが専門部門として分かれており、独立している為、その統括をしているHealth Human Resourse Development BureauのTraining&Learningセンターを通して、4分野全てを網羅できるワークショップを特別に企画して頂きました。

はじめは全生徒でプレゼンを聞いたり、質疑していましたが、短い時間を有効に使う為に、プレゼンの終わった班から順番に別室でよりフランクに詳しく質問する時間を設けました。

このアイデアはとても良かったように思いました。日本人はどうしても発表やセミナーなどの場で堅くなってしまう傾向があり、質問したくても出来ない、と言う事がありますが、かなり近い距離で良い雰囲気を作れたため、聞きたい事はほぼすべて聞く事が出来たのではないでしょうか。

また、各担当者のメールアドレスも聞く事が出来、今後の研究の上で分からない点が出てきた場合、直接尋ねることもできます。

短い間でしたが、今回のエジュケーショナルスタディーツアーは、かなり満足していただけたのではないか、と感じています。

当団体はフィリピンの各政府機関と関係が深い為、フィリピン政府機関への教育目的のスタディーツアーをお考えでしたら、当団体でアレンジさせて頂きますので、お気軽にメールか電話でお問い合わせください。もちろんその他一般のスタディーツアーも承っております。お気軽にお問い合わせください。

                                  トップページへ戻る

                         
フッターイメージ