ユース世代環境問題解決とSDGs達成に向けた事業紹介ワークショップ開催

日時:2020年12月7日 19:00- オンライン開催
日本のユース世代を対象に、環境問題の解決とSDGs達成に向けたアグロフォレストリ事業を紹介する国内ワークショップをオンラインで行いました。三井物産環境基の助成事業による雨河先生の講義は分かりやすくて非常に良かったです。また“どえりゃあウイング“の高校生の皆さんの発表が素晴らしかった!皆さんご参加ありがとうございました!

 

 

アンケート一部紹介

■講義の内容や先生へ質問など(任意)

〇 農業は人間にとって必要不可欠なものとはもちろん理解していたが、環境にとってはかなりの負荷がかかっているものだと講義を受ける前には思っていた。しかし、講義を聞いて、環境負荷の少ない方法でも農業を行えることがわかった。農業=環境に良くない とただ単に割り切るのではなく、負担の少ない方法を模索していくことが大事なのだとわかった。

〇 今までも化学肥料が良くないということは知っていたけれど、今回お話をきいて、害虫だけでなく益虫まで殺してしまいそれが生態系の破壊に繋がってしまうというようなどうして良くないのかという理由を知ることができました。野菜などを買う時は有機栽培のものを意識するようにしようと思います。

〇 今日はありがとうございました。楽しかったです。興味のある分野でしたので、話を聞けて良かったです。

〇 今日は、とても興味深いお話を分かりやすく説明して頂き、有り難うございました。
私の通う明和高校では、有難いことに、学校独自の授業の一環としてSDGs関連のプレゼンテーションを行う機会があります。個人的にもSDGsにとても興味があり、現在は、個人企画を生徒会に提案したりしています。

トップページへ戻る