ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

ごあいさつ


   ヘルピングハンズは「多文化共生の実現」をミッションに国内及び海外で活動してます。国内の多文化共生事業では語学を通じた国際交流や国際理解セミナーなどを行っています。特に日本語事業では、日本語や日本文化を理解する外国人を一人でも増やすことで日本への親しみや理解を世界に広げています。また日本語を教える活動は、異なる文化を互いに尊重しあうことで平和な世界を築く為の重要な草の根活動の一つとしても推進しています。国際交流を通じた多文化共生の実現により、我々日本人がさらに国際的視野からグローバル社会で活躍する事を目指しています。

  海外では東南アジアで地球温暖化対策を目的とした植林や農業を行っています。地球環境保全を持続可能とする技術として大学の研究機関や現地カウンターパートNGOと協働でアグロフォレストリ―やアグロエコロジーを実践しています。

  多文化共生事業を通じて日本の地域づくりにも貢献しています。日本国内の地域課題を、海外で培われた新たな視点を交えて見つめなおすことで、地域の国際化、多様性を生かした社会づくりを進めています。団体を支える地域社会とのつながりを深めることによって、地域に根付いた活動を目指しています。
 開発途上地域の抱える課題と日本の地域課題には共通点も多く、例えば「保健・医療・福祉」、「環境保全」および「子供の健全育成」や「街づくり」等は、国際NGOと日本のNPOの主要活動分野として共通しています。グローバル化の進展する中で、日本での日常生活や社会の在り方が、開発途上地域の問題の遠因となっていることも少なくありません。このような視点から見ると、国際協力活動と日本国内の地域課題に取り組む活動には、本質的に大きな差はありません。そこで、「地方発の地域とつながる国際協力」を新たなモットーとして活動を進めています。各会員のユニークな個性や創意工夫、地場産業や地域社会のありようを基にして、地域課題にも取り組みながら、相互に学び合い、支えあう双方的な活動として運営しています。
 市民の自覚と責任に基づくボランタリー精神に基盤を置き参加型運営を心がけ、社会的に必要とされる事業には積極的に取り組み、長期的に成長の見込める事業を行っています。先駆的な活動へのチャレンジによって市民が創り上げる新たなる公共性を開発し共生型の 21世紀の市民社会をめざしています。

代表 本田直輝   

Helping Hands and Hearts Japan Inc. is working on the mission of "realizing multicultural symbiosis". Communication in local languages is one of the most important things to achieve it. By increasing the number of people who understand the Japanese language and culture, we can expand our friendship and understanding of Japan to the world. It also promotes one of the important grassroots activities to build a peaceful world by respecting different cultures. We hope that as many foreigners as possible can improve their Japanese skills to enrich their lives and play an active role globally.
We have taught the Japanese language for over 10 years. We have volunteer tutor lessons, lessons taught by professional teachers, and online Skype lessons. Besides Japanese, we also have lessons in English, French, Spanish, etc. We also provide workshops in global understanding for elementary and junior high school students.In our seminars about countries around the world, we introduce students to more than 50 countries - all supported by the Nagoya city government.
Education is not the only part of our mission. For over 10 years, Helping Hands has been doing international cooperation projects in Southeast Asia. On Leyte Island in The Philippines, for example, we have been working to plant more than 20,000 trees with agroforestry technology to help combat the effects of climate change. This ambitious reforestation initiative was made possible by a generous subsidy from Toyota Motor Corporation, Mitsui & CO., LTD, and so on. Thank you for your support. Love all Serve all!









          


フッターイメージ